只今、九州管内で取次店を募集中です。詳しくはお客様専用ダイヤルへ「取次店募集」と伝えて、お問い合わせください。

盗聴バスターズ九州 

〒870-0142

大分県大分市三川下2丁目7-15-1

 


電話での受付時間

平日/午前10時~午後7時

営業時間および定休日
調査中は24時間対応です。定休日はございません。

ご相談完全予約制

弊社でのご来社相談は完全予約制となっております。お客様がご来社されてのご相談につきましては他のお客様と顔が合わないようプライバシーを尊重して完全予約制で時間帯をずらしてご相談を承っております。

守秘義務
ご相談内容については守秘義務を遂行致しますのでご安心下さい。

盗聴バスターズ★九州は、盗聴バスターズ(本部/株式会社シップ)の正規代理店です。

「盗聴バスターズ」及び「盗聴バスターズロゴマーク」は本部の商標登録ですので、正規代理店以外の無断使用は処罰の対象となる場合がありますのでご注意下さい。

盗聴器の一部

「ストーカー行為」とは、人を困らせ苦しめる行為のこと。
相手に対して好意や誠意を尽くしても、その相手が、その好意や誠意を受け取らなかったことに対し、その相手や相手の身近な人に嫌がらせ等を行うことを指します。

ストーカー行為には次のようなものがあります。

つきまといや待ち伏せ、押しかけ相手の行く先について回ったり、通勤・通学経路で待ち伏せしたり、会社や学校・自宅などに押しかけたり尾行等をする行為。また、監視していることを伝えたり、手紙や電話などで、行動を監視していると伝える行為。

 

・無理に交際・復縁を迫ったり、プレゼントなどを受け取るよう強要する行為。

・無言の連続電話・FAXやメールの大量送信をを送ったりする行為。

・暴言や乱暴を行おうとする行為。

・嫌悪感を抱かせる物、受けとる人が不快になるような物品を送りつける行為。

 

名誉を傷つけるような誹謗中傷、事実無根の内容などをの文書を会社に送りつけたり、インターネット上に投稿したりする行為。
性的羞恥心の侵害として、わいせつな画像を自宅に送ったり、インターネット上に公開したりするリベンジポルノ的な行為。

【尾行】
尾行されてると判断した場合は一人での行動は絶対に避けるべきです。特に夜の一人歩きは危険ですので、やめましょう。外出する際は、タクシーを利用したり、防犯ブザーを携帯したりなどの対策を行います。

 

【監視】
監視されているような気がする場合は細かな変化に気付いたら、どこで、どんな状況でどう感じたか全て記録(出来れば写メや音声)しておきましょう。

 

【交際を迫られる】
好意のない相手に交際を迫られたらはっきりと断りましょう。できれば面会せずに電話やメールなどで意思を告げてください。面会の必要がある場合は、一人で会うことはせずに信頼できる人と一緒に人の多い場所で面会しましょう。

 

【暴言】
乱暴な事や脅かされた場合は直ちに身の安全を守る行動をとり、安全が確保されたら警察に通報しましょう。

 

【無言電話】
無言電話が多くなった場合は着信拒否設定をしましょう。また、着信履歴は証拠になりますので、消さずに残しておきましょう。

 

【荷物】
基本的には送り主がハッキリしない物、または知らない企業名が届いたら受け取り拒否をしましょう。もし、受け取ってしまったら荷物と送り状、梱包紙等は全て証拠として残します。

 

【誹謗中傷】
紙面やインターネットの書き込みによる誹謗中傷は、必ず証拠をとりましょう。インターネットの書き込み欄を印刷しておくと証拠となります。また、被害状況についても記録しておいてください。誹謗中傷がエスカレートした場合は警察に被害届けを出して、弁護士を通してWEBサイトに対して誹謗中傷した人物の個人情報を開示請求し名誉毀損等で損害賠償の請求をすることもできます。

 

【卑猥写真】
卑猥な写真が届いたら、証拠として配送された封筒等も保管しておきましょう。切手等に消印があれば相手の住むエリアなどの特定につながったりしますので、保管するときは、素手では触らないようにして指紋等が消えないように配慮して下さい。

【1】絶対に一人で悩まないで下さい。

ストーカー被害に遭ったとき、一人で悩む方が多いものですが、ストーカーの被害は一人で解決できるものではありません。
自分の身をしっかりと守るためにも、警察や自分と親しく信頼出来る人に相談しましょう。
親しい信頼できる人が身近にいないとき、話すことで話した相手に危害が及びそうなときは、お気軽に当社までご相談ください。

【2】はっきりと拒否をすること。

ストーカーは非常にしつこくなることが多くなるので、ストーカー行為をエスカレートさせないよう、はっきりと最初の段階で拒否しましょう。
但し、拒否の仕方によっては相手を怒らせ、ますますストーカー行為をエスカレートさせる恐れがありますので当社では、上手く拒否するための方法もお教えできますので、ご相談ください。

【3】ストーカー行為にあったら記録をすること。

届いた手紙やメール、物品は処分せずに残しておき、被害に遭った日や時間、内容などは証拠として記録しておいてください。
これらの記録は、警察や弁護士に相談する際にも重要な証拠となります。

【4】個人情報の管理を厳重にすること。

ストーカーは非常に執拗ですので、まさかと思うようなことでも平気で行ってきます。
時には道に出されたゴミを漁って個人情報を入手するということもあります。
個人情報が記載されている書面を処分する際には、細かく破ったり、別途処分したりして、ストーカー加害者に情報が伝わることのないように、細心の注意をはかりましょう。

【5】早めに解決すること。

ストーカー行為の対処は出来るだけ早く、深刻化する前に行うことが重要なキーポイントです。事態が大きくなる前に当社へご相談ください。

お申込みから調査終了までの流れ

【1】 お問い合わせ
お問い合わせはお電話で承ります。
電話での受付時間は平日の午前10時から午後7時までとなっておりますので時間内にお気軽にご連絡ください。
お電話で現在の状況などをお伺いさせていただき、出来る対策をお伝えします。
当社に来社されたい方は、直接、調査士と相談が出来ます。
但し、事前での予約制となっており、他のお客様と顔が合わないようプライバシーを配慮してますのでご安心ください。

 

【2】 ヒアリング・対策方法検討
面談で細かなヒアリングをさせていただきます。
ヒアリング結果を元に、対策方法を検討いたします。

 

【3】対策支援・証拠収集・調査
検討した対策方法に則り、対策の支援をさせていただきます。
それと同時に証拠の収集や調査を行います。

 

【4】 アフターケア
問題が解決しましたら、再発防止のためのアドバイスをさせていただきます。
また、アフターケアも万全ですので、何かありましたら遠慮なくお気軽にご連絡ください。

※調査中はお電話に出られない場合もございますので、予めご了承くださいませ。
着信履歴確認後こちらより後日ご連絡いたします。(番号非通知の場合は不可)

© 2015 Tocho-Busters.Kyusyu all right reserves.